信ずる者に幸いあれ 2

私自身にはそう大して信仰心があるわけでなく、宗教を行動規範として受け止めている。仏教の五戒や、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の十戒では、殺すな、盗むな、ウソをつくな、と口を揃えて説いている。宗教を持ち出すまでもない社会の基本ルールで、道徳と宗教と法はかなり重なり合っている。法には違反すると罰則があるが、宗教には悔悟による救済の道がある。道徳にはどちらもない。

ウソをつくなと戒めながら、宗教は平気でウソをつく。これは一体どういうわけか。ウソも方便、目的に向かって人びとを導くための壮大な手段であり、これこそ宗教の本領発揮だと私は解釈している。地獄や極楽などあるわけがない。しかし「身を律して、清く正しく美しく生きなさい」と言うより、善行を積めば極楽や天国に行ける、悪行を重ねれば地獄に堕ちるぞ、と教えた方が聞く人の心を捉えやすい。

因果応報や浄土思想は、2500年前、釈迦の当初の時代から唱えられたが、地獄や極楽は10世紀末、源信が「往生要集」で、仮想現実を生々しくまことしやかに描いて広まった。「講釈師、見てきたようなウソをつき」と言いたいところだが、不幸から逃れたい、幸せになりたいと願う人びとを本気にさせた。

疫病、飢饉、天災、貧困、盗賊、やがて内乱。累々たる死体が、路上に打ち捨てられ、河原に折り重なる。現代では想像も難しい、あえて言えば現在のシリアのように劣悪で、常に命が脅かされる状況下では、救いを求める切実さが今とはまるで違う。おまけにそのころの仏教は、陰陽道、修験道、神道とも相互乗り入れし、宗教と俗信、迷信、呪術の区別もつかない。宮中の女御の気分がいつまでもすぐれず、さては悪霊、生き霊に取り憑かれたかと、高僧を呼んで悪魔祓いの加持祈祷をしてみたが、めでたく懐妊と分かり安堵したという話が源氏物語にも出てくる。

宗教のウソが、人びとを信仰による悟りと救いに導くための方便なら、ウソを丸呑みしてもなんの問題もない。しかし別の目的のために、手段を選ばずウソの世界に引き込む宗教団体もある。ことさらに将来の不安をあおるようなら注意したほうがよいが、カルト教団でなくとも宗教にはもともと終末観がつきものだから、見分けにくい。気がついたときには、というより信じ込んでしまえば気がつく前にイチコロになる。

現代の日本人の宗教心は概して皮相的で、「私は無宗教です」と言いながら、受験の時は合格祈願を、結婚に縁遠いと縁結びの願掛けをする。お詣りすれば気が済む一過性で、本人も必ず成就するとは思っていない。射幸心で宝くじを買うのと似たようなもので、とても信仰とは言えない。寺や神社もよく心得ていて、あれこれのご利益を看板にして並べ立て、客寄せをはばからない。

これでよいのか、これじゃあだめなのか。(つづく)


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
求める人には救いの手を



トラックバック:0

信ずる者に幸いあれ 1

次男が昨年、秋も終わりかけたころから教会の日曜礼拝に通い始めた。気持ちの落ち着ける場がほしかったようだ。

宗教心を持つことはよいことだ。しかしどんな教団なのか。私にはキリスト教の教団のことはよく分からない。見かけは優しいが、実は狂信的なカルト教団だったりすると厄介なので、クリスマスイブのイベント開催の機会に、ようすを見に行ってきた。

クリスチャンのハープ奏者が招かれて演奏し、そのあと賛美歌を少しと牧師さんの話があった。次男と顔見知りの数人と挨拶を交わし、話してみたが、みな穏やかで気になるような点はなかった。

雰囲気だけでは分からないので、ネットで教団をチェックしてみた。私の知識と言えば、中世の宗教改革で、免罪符を与えて金を集めるカトリック教会に抗議して、プロテスタントが分立したことぐらいだが、プロテスタントはその後もたくさんの教団に分裂しており、大きくは福音派と自由主義神学に二分できるらしい。

次男の通う教団は日本福音同盟に属し、「聖書は神の霊感によって書かれ、誤りない神のことばである」との立場にある。特権を振るう教会ではなく、原点の聖書に戻ろうというのは、プロテスタントの出発点としてもっともな話だが、自然科学の発展とともに困った問題が出てきた。

地球は宇宙のかなたで星屑が衝突、合体し、冷えて固まった惑星で、人間は猿から進化したことを受け入れるなら、聖書に書かれた天地創造をどう扱えばよいのか。ノアの方舟、処女降誕、キリストの復活、数々の奇蹟。この点で、多数の教団には硬軟あるが、聖書にも誤りがあると認めるのが自由主義神学で、福音派はあくまで忠実な聖書信仰に基づくらしい。

宗教の領域でこんな話はいくらもある。神道では神が大和の国を産み(古事記)、釈迦は摩耶夫人の右脇から生まれたとされている。釈迦もキリストも実在の人物で、そんなにむちゃを言わなくてもと思うが、宗教が神格化や神がかりをして何が悪い、と言われればそれもそうだという気になる。

ウソかマコトかなんてことはどうでもよい。たとえウソだとしても信じるか、それはそれとして合理的に使い分けるか、そこに信仰のあり方の違いがあるのだろう。

ウソだとしても信じられるか。親鸞は、門徒に教えない特別な秘法があるのではと彼らから問われ、「そんなものはない。ただ師の法然上人の教えを守って念仏を修行するのみ。もし師に騙されて地獄に堕ちるなら、それでも後悔はない。私にはこうするより他に方法がないから」と答えている(歎異抄)。ここまで思い切れると、信仰に凄みが出てくる。(つづく)


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
求める人には救いの手を



トラックバック:0

絵に描いたような幸せ

年末になると若夫婦が子どもを連れて里帰りし、老夫婦が顔をほころばせて孫を迎える――そんな風景が、混雑する駅のホームで昔と変わらず繰り返され、季節の定番ニュースになる。

老夫婦にとって、血のつながりのある孫は、特別な感情をかもしだす存在のようだ。歳を重ね、自らの先行きに限界のあることを実感し始めると、子や孫を通して自分の因子が受け継がれてゆくことに安心し、自らが永遠だと感じるからではないか。顔立ちが似ている、性格が似ている、何気ないしぐさが似ている……他人の子どもではそういうわけにゆかない。

たとえばBSテレビで、数十年前の古い映画を見ると、とっくに物故した俳優や女優が次々と出てくる。ああ、あの人いたな、懐かしいなと思いながら、ふと気がつく。あれだけの名俳優、人気スターが記憶からすっかり消えて忘れていたことに。

去る者は日々に疎し。そりゃそうだ。アカの他人をそういつまでも覚えているわけがない。してみると、有名でもない自分なんか、知っている人もたいしていないのに、すっかり忘れ去られて、存在していた痕跡さえなくなってしまうのではないか――そんなモノクロの風景にみるみる色彩がよみがえるのが、家族や子孫に命がつながってゆくという思いだ。

ところが、夫婦や家族の関係を長く維持してゆくには、相当の我慢や妥協を強いられるのも現実で、耐えきれずに離婚する人は、日本人の3組に1組というから、結婚を後悔している夫婦も含めると半分以上になりそうだ。

離婚して子どもと会えなくなる人もいる。離婚した人は、結婚してからこんなはずではなかったと気づくが、それを見ていた子どもは結婚すれば幸せになれると思うのは幻想だと、早くから冷めた目で見るようになる。独身のままで家族のしがらみなく、自分の時間と金を自分だけのために使える一代限りの自由と、リスクはあるが一度は結婚し、わがままを抑えてにぎやかな家代々のどちらを選ぶべきか。

もちろん長きに亘って信頼し合い、とても円満な夫婦もいる。孫と再会してうれしいことに理屈なんかないおじいちゃん、おばあちゃんもいるだろう。

おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
正月は軽めに過ごそう




トラックバック:0

睡眠障害対策

夜、寝入ってから2時間ほどで目が覚めてしまう。トイレに行って寝直しをするが、眠りが浅く、よく夢を見る。たまには楽しい夢もあるが、たいていろくでもない。睡眠時間が合計で4時間か、せいぜい5時間で、昼間、特に昼食後になると眠くなる。居眠り運転には気をつけているが、2、3度誘い込まれたことがある。会議で人の話をじっと聞いているときも辛い。

対策はいろいろやってみた。睡眠導入剤は多少効果があるが、寝起きに体がだるくなることがあり、常用はしたくない。

床についた後、考え事が始まって頭が冴えてしまったときは、酒を呑んでリセットするが、これも多用すると酒量が増える。睡眠学上も寝酒はよくないそうだ。

寝る前に風呂に入り、体温を上げておいて、少し下がった頃に寝ると比較的いいが、睡眠障害解消の決定打まではゆかない。

昼寝を15分か20分すると元気になるそうで、事実、休日に自宅で昼寝すると快適だが、会社ではなぜか眠れない。仕事モードの切り替えができないようだ。

そんな話を取引先の人に話したら、ドクターエアという昼寝用の電気製品を贈ってくれた。ゴーグルのようなかっこうをしていて、アイマスクのようにして目を塞ぐ。スイッチを入れると、小鳥のさえずりや水の流れる音が聞こえてくる。こめかみに圧力を断続的にかけてマッサージし、閉じたまぶたのあたりが少し温かくなる。

ふうんと思いながらイスに坐って試してみて、これじゃあ違和感が気になって眠れないだろうと思っていたが、気がつくと眠りから覚めていた。これで夜間の睡眠不足を全部補えるわけではないが、睡魔に襲われながら昼間眠れない、あるいは眠ってはいけない状態からは抜け出せそうだ。

どういうわけで効果があるのか知りたかったが、操作方法や注意書きを載せた取扱説明書があるだけで、メーカーのホームページをたどっても、筋肉を鍛える健康器具が売れ筋のようで、電気昼寝器のことは探し出せなかった。

高速道路のサービスエリアに、お試しコーナーでも用意すればいいのに。

おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
朝までぐっすり眠りたいが、ずっと覚めないのも困る



トラックバック:0

ひとこと添える

今年も年賀状を書く季節が来た。例年、ほぼ印刷にして、下の方に短信が書き添えられるよう余白を作ってあるが、ハテ、何を書いたらよいかと考えあぐねる相手もいる。

なにしろ、もう10年も20年も会ってない人もいる。そう親しかったわけでもなく、なりゆきで年賀状ぐらいは交換してきた相手となると、いまどんな暮らしをしているか見当もつかず「5番街のマリー」状態になる。

もうそろそろいいかな、とやめてみても、相手から律儀に届くとやめられない。その逆もある。同じタイミングで同じ気持ちになるのはむずかしい。まあ、年賀状だけの付き合いで、安否確認という相手がいてもよいだろう。

そこそこ交流があっても、添え書きに困って「お近くおいでの節は、ぜひお立ち寄りください」とか「たまには一杯やろう」とか「今年こそゴルフを一緒に」などと書いてくる人もいる。こういうのは実現したためしがない。

私も、いよいよ困ると「お元気ですか」「○○君はどうしていますか」「新居はいかがですか」など近況を尋ねるが、双方同時発信が弱点になり、1年後に質問の回答が来ることはない。

年賀状も昔とは様変わりしてきた。私が小学校のころは、図工の授業で版木に彫刻刀を揃えて、年賀はがき用の版画を作った。今もやっているのだろうか。

年賀状に写真を使える時代になると、子どもの写真でスペースを稼ぐのがはやるようになり、私もよくその手を使った。送るほうは楽しいが、もらってもうれしいわけではない。

近ごろはわざわざ郵便配達を頼まなくても、メールでもラインでも即座に用が足せるが、やはり元旦は年賀状が束になってポストに入ってないと、正月気分になれない。

取引先や遠い親戚など、定型的なあいさつ文を印刷しただけの儀礼的なものは、差出人をちらっと見て終わってしまう。それからすれば個人的な相手には、たいしたことではなくても、ほんのひとこと添えると、画龍点晴の趣きがある。多少面倒でもやむをえない。


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
添え書きに心が少し伝われば



トラックバック:0

裏目の居酒屋

長年、車通勤をしているので、帰りがけに飲み屋に立ち寄ることはない。車を会社に置いて出かけると、翌朝はバスや電車の面倒な乗り継ぎ出社になる。帰宅して車を降りてから飲みに出かけ直すのもおっくうだ。それに家の周辺は昔からの住宅街なので、食事処はそこそこあるが、居酒屋となると数が少なく、気に入った店がなかなか見つからない。これはかなり不幸なことだ。

それでも息子に誘われれば、よい店がどこかにないか捜してみようという気になる。駅まで歩くとチェーン店がいくつか開いているが、若者が集まって騒々しいので、落ち着いて飲めない。居酒屋はまず雰囲気よく、気が利いてくつろげること、料理がうまいこと、それでいてそう高くないこと。

電車に乗って繁華街まで足を伸ばせば、そういう店はいくつもある。宴会やパーティならそれもするが、サンダル掛けの普段着で出かける行きつけの店が、どこか近くになければならない。

物色しながら入ってみたA店は、カウンター6席に4人掛けのテーブル席が2つ。このぐらいでも悪くない。年寄り夫婦が二人でずっとやってきたようで、手料理の数も一応揃って味も値段も手ごろ。

ところが、カウンターにぶら下がっている客が互いに顔見知りの固定客ばかりで、市電がなくなったのは昭和のいつごろだとか、そのころだれそれは昔あった映画館の裏に住んでいたが、その後離婚して商売替えをしたな、娘がひとりいたがどうなったか、などと昔話で盛り上がり、店のおやじも相槌を打ったり、手持ち情報を打ち明ける。私も当時の街のようすは知っているが、輪の中に入ると足抜けできなくなりそうで、静観しているとよそ者の気分にさせられる。こりゃだめだ。

B店はA店より広めで割烹に近い。値段は高めだが料理もよく、女将(といってもかなりのばあさん)の話ではこの地に3代目の老舗らしい。それは知らなかった。心地よく楽しめそうだが、なんだか店内ががらんとして人気(ひとけ)が乏しい。もっと流行ってもよさそうだがと思っていて、だんだん分かってきた。

ばあさんが料理をお盆に載せて運んでくるのだが、手がぷるぷる震えて危なっかしい。昔、ドリフターズの「もしもこんな…」シリーズで志村けんが演じていたじいさんそのままだ。注文した料理も板前に通すまでに1つ、2つ忘れてしまう。それでいて、ひれ酒のアルコール分をマッチの火で飛ばさないで飲んだら、「飲み方知らないね」と余計なことを言う。飲み方ぐらい知っているが、省略したら無作法というほどのものではなかろうに。

3代目が板前でばあさんはその母親らしい。老舗のプライドが邪魔をして、客についなにか言って、客足が遠のいてしまうのだろう。

板前が時々ばあさんに怒る。また注文を忘れたらしい。客の相手をするのが無理なのに、本人は「私が元気なうちは」のつもりのようだ。若いアルバイトを雇えば解決すると思うが、新人が入ってくるとばあさんが余計な口を出して居つかないのかもしれない。客が減ればアルバイトを雇う余裕もなくなる、献立の値段も上がる。悪循環だ。

次来るとすれば、カウンター越しに板前の正面に席を取ることにしよう。


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
気配りこそ最高のサービス



トラックバック:0

彼の余生

たまにファミレスで朝食をとることがある。前回出かけたのは夏の終わりごろだったか。入口に80代半ば、ひょっとすると90過ぎと思われる老人が座っていて「おはようございまふ」と大きな声をかけてきた。語尾で息が抜けるのは入れ歯のせいだろう。いきなりで戸惑ったが、挨拶を返しておいた。

数カ月して久しぶりに来てみると、同じ老人が同じ場所にいて今度は「グッドモーニング」と呼びかけてきた。毎朝ずっとこうしているのだろうか。ちょっと問題だが、一応手を上げて会釈をしておいた。

朝食を食べ終わったころ、その老人が店に入ってきた。前かがみで歩行はゆっくりだが、杖はついていない。ハンチングをかぶり、ちょっと小ぎれいにしておしゃれの意識があるらしい。ウエイトレスに声をかけながら、一番奥の席に座った。常連客と思われる。

奥から左手に曲がると喫煙席の部屋がある。しばらくして喫煙席から出てきた老女と少々言葉を交わす。顔見知りのようだ。

またしばらくすると喫煙席に入る中年女性がいて、会話を始める。今度は少し長い。女性はタイミングを見て切り上げようとするが、「ございまふ」の老人はつぎつぎ話を繋ぐ。

ひとり暮らしなんだろうな、と思う。家にいても寂しくて話し相手がほしい。そこで店の入口で待ち構えて、誰彼なく声をかけることを思いついた。妙な老人と関わりたくなくて、無視する人もいるだろう。言葉を交わしてきっかけができると、もっと話したい。

多少迷惑がられながらも、こうしてだんだん相手を増やしてゆく。おしゃれをしているのも、好感度をあげたいために気を使っている。独居老人の社交場――たぶんそういうことなのだろう。

彼はどんな人生を送ってきたのだろう。若いころはごくごく平凡だったのか、おしゃべり好きだったのか、案外人見知りするほうだったのか。そして残り少ない余生をどう終えてゆくのか。すれ違っただけの私には知るすべもないが、今をこうして生きていこうと努めているのはよく分かる。


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
人はいつも進路を探す。誤らぬよう願いつつ



トラックバック:0

ストレス耐性

世の中には、面倒なことはなるべく人に頼って、自分はストレスの少ないところを泳いで渡ろうとする人と、目標に向かって使命感に燃え、苦労しながら乗り越えようとする人がいる。

負荷がかかる生き方は明らかに後者だが、どちらが大変かというと一概には言えない。負荷の多い少ないにかかわらず、ストレス耐性が強いか弱いかという問題がある。

耐性が弱い人は、少々のことでもストレスを感じやすく、自分でよく分かっているから、先回りして対策を立てる。それでも完璧な回避はできず、気持ちの切り換えやリラクゼーションに腐心するが、もともと割り切り方のうまいほうではなく、ストレスをいつまでも引きずって解放されない。

耐性が強い人は、むしろ少々のストレスでは物足りない。難局を乗り越えたときに感じるえもいわれぬ達成感、充実感がたまらず、自ら望んで再び難問に挑む。ただ、使命を貫き通そうとすると、周囲と摩擦を起こしたりぶつかったりして、無傷ではいられない。それでも若いうちは満ち溢れる活力で振り切れるが、歳を経るとともに、出る杭は打たれると悟り、折り合いをつけようとするが、身についてないのでうまくゆかない。

両極のタイプが友達同士だと、内心では、互いにあんな生き方をしてなにが面白いのだろうと思いつつ、反面、あんなふうにできればどんなにラクだろうとうらやましくもある。それでいて人の世の生きにくさをどこかで共感し合っていて、妙に仲がよいこともある。

あんな生き方ができたらきっと幸せだろうと思っても、相手の心の奥まで見えているわけではない。自分にないものを欲しがる欠乏動機でなく、自分にあるものを大事にして存在動機の生き方をしてゆくのが、よくも悪くもその人らしさではないか。


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
1周回って振り出しに戻る



トラックバック:0

辞表の裏の人間模様

年に数人、社員が辞表を出してくる。「私儀、このたび一身上の都合により」と決まり文句しか書いてないが、人それぞれに裏事情がある。

近ごろ見かけるのが、認知症の親の介護。火事になりかけて目が離せない、嫁が世話をしているが夫婦仲もギクシャクしてくる、離職まではできないが、転職して非常時に駆けつけられる職住接近にしたい。そう言われると引き止めようがない。

両親がすでに他界してのひとり暮らしなら、そんな問題も起こらないが、それはそれで辞表が出る。この歳まで独身で、なんとなく働いてきたが、いまさら結婚する気もなく、親の残した遺産で食って行けるから、ムリして働かなくてもここらで見切りをつけたいと方針を決める。「辞めてどうするの」と聞くと「他にやりたいこともないけど、話し相手に犬がいるから」。人生に目標を持たないと退屈するよと言ってみても、すでに別世界に入っている。

親は元気、自分も若い、未婚でしがらみなく、目標は夢のように高く、なのに転職を繰り返す場合はなぜか。前職はミスマッチ、現職も合わない、どこかに自分にピッタリの天職があるはずだと思って、腰が落ち着かない。全身どっぷりの青い鳥症候群なのだ。

新卒者が入社してくると、私はガツンと先制攻撃をかけておく。「自分にピッタリの天職などいくら探してもどこにもない。窮屈だったりダブダブの服を具合悪いと思いながら地道に着続けているうちに、やがてその服がピッタリ合ってくる。つまり天職は自分の中に隠れている。外に探しに行って見つかるわけがない」

深く考えないで就職してきて、どう見てもミスマッチで、潜在能力が引き出せないときは、社内で配置換えをすると生き返る。見どころはあるがギョッとするほど転職歴のある人を、ハラハラしながら採用してみたら、結婚してすっかり落ち着いたケースもある。

結婚して辞める女性もいる。いまは育児休業制度も整っており、昔の寿退社とは事情が違う。他社の事例だが、学生時代の同級生同士がそれぞれ別の先に就職し結婚。妻は化学薬品メーカーの研究員で将来を期待されていたが、夫の転勤であっさり退職。優秀な人材を大事に育ててきたのにと、上席が泣かんばかりに悔しがる。

自営業の跡継ぎにと、親や親戚に呼び戻される場合もある。給料を払いながらキャリアを積ませた費用がぱあっと消える。プロ野球なら金銭トレードやバーターがあるが。

ただ、こうして理由がはっきりしているケースは少ない方で、なんだかムニャムニャ言って要領を得ず、本心を明かさないのは、ほとんど職場の同僚や上司との人間関係のこじれに起因している。顔を見るのも嫌なほどこじれてくると、毎朝同じ顔を見に出勤するのも辛かろう。こうなる前に相談してくれれば、関係修復なり職場転換なりの方法があるが、口をつぐんだまま転職先を決めた上で辞表を出すので、手が打てない。

上司対部下の不和は、権限の強い上司に責任がある。部下対部下の場合も、上司の監督不行き届きになるが、上司が常に人心収攬術に長け、人格者であるのは難しい。もっと厄介なのが、上司対上司、役員対役員で、主導権争い、権力争いに発展すると派閥ができ、組織が内部から弱ってゆく。「社長争奪」(有森隆著、さくら舎刊)にはパナソニック、ダイエー、大塚家具、三越伊勢丹など8社の壮絶な闘いが描かれている。権力の頂点に立つか、敗れて辞表を書くのか、策謀がうずまいて人格者どころでない。

人間模様は興味深いような、哀しいような。


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
曲がりくねった道でも歩ける



トラックバック:0

日常と非日常

かなりあらたまった席に招かれることになり、末席ながら欠席するのも穏やかでないので、出席の旨伝えたところ、当日の服装は「モーニングコートまたは紋付き羽織袴が一般的」と通知があった。

スーツでもよさそうだが、そんなわけにもゆくまい。訃報に駆けつけた通夜で、ダークスーツならセーフといっても、周りが真っ黒な喪服で埋まっているとひどく目立つのと同じで、並みいる正装の群れの中、スーツは避けたほうが無難だ。

さすがに紋付き羽織袴の用意はないが、モーニングは持っている。以前、社内結婚をする社員に頼まれてよく仲人を務めた。

近ごろの結婚披露宴は、仲人も立てず、ドレスコードもなく、出席者は平服が主流で、格式ばらなくなった。儀式なら目に見える形で慶意を示さないと非礼だが、儀式の要素がなくなったということだろう。

冠婚葬祭、慶弔はいずれも非日常(民俗学で見る「ハレ」)で、日常(同「ケ」)とは明確な区別があったが、結婚式は「ケ」になってきた。離婚、再婚が“日常化”してきたからだろうか。

さて今回は、結婚式でなく慶事の中でも本格派なので、長年使ってなかったモーニングを奥からあわてて引っ張り出してチェックした。ウエストが少々きつく体型を調整しなければならないが、ひとまず安心――というものの、ことは上下とベストのスリーピースで終わらない。モーニング用のネクタイとワイシャツ、カフスボタン、サスペンダー、胸ポケットに飾りの白ハンカチ。白手袋はいるのかどうか。

これが家捜ししてなかなか見つからない。家の耐震工事をして移ったときに、どさくさでどこかに紛れ込んだのかもしれない。焦りながらさんざん探して、ネクタイと手袋以外はようやく見つかった。ないものは再調達。クリーニング済みだったワイシャツも、糊を効かせてもう一度。

儀式は非日常だから面倒なものだ。面倒でも型通りしないとハレにならない。よいも悪いもない。


おまじない

このにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へボタンを押して
儀式は、けじめをつけて気分を切り替えるもの



トラックバック:0